尋常性乾癬は完治するのですか?非常に不安です。

尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)には、投薬療法やレーザーでの療法がありますが、それで完治はできるのでしょうか。

考えてみましょう。

■治まる目安はなく、最低でも1か月単位。

尋常性乾癬の治療には内服薬・外用薬、それに光線療法(レーザー光照射)などが用いられます。

どれくらいの期間で症状が治まるかには個人差があり、標準的な期間が提示されることはありません。

個々それぞれの状態をみて、医師がだいたいの目安を告げてくれることはありますが、それでも1か月単位と思っておいたほうが良いでしょう。

■半年・1年が経過して再発するケースも多い。

非常に残念ですが、尋常性乾癬はいずれの治療法を用いても完治はむずかしいとされています。

比較的早期に症状が治まるとされる光線療法でも、治療が一段落して治まったように思える症状が、数か月後にはまた出てくるケースが多く報告されています。

1年後に再発するケースもあります。

なかなか時間のかかる病気ですが、根気よく向き合う以外に方法はありません。

■尋常性乾癬が「完治はむずかしい」とされるのは、治療しても体質改善までには至らないからです。

完治をめざすなら体質そのものを変えましょう。

ほとんどの病気治療は対処療法です。

投薬によって治まりはしますが完治はしません。

尋常性乾癬の原因が生活習慣・食習慣にあるとしたらそれを改め、体質を根本から改善するしかないのです。

食事の仕方やメニューを変えただけでも、体調にプラスの変化があります。

試してみましょう。

◎関連記事=>選択肢広がる乾癬治療 薬が進歩 体重管理も大切 – 毎日新聞

Posted in Uncategorized, 治療について | 尋常性乾癬は完治するのですか?非常に不安です。 はコメントを受け付けていません。

尋常性乾癬にはレーザーによる治療法があると聞きましたが?

尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)には、レーザーの照射で細菌を死滅させる療法があります。

正式には光線療法といいます。

その概要をお話ししておきましょう。

■メリットの第一は、比較的早く治ること。

尋常性乾癬の治療には、レーザー光による方法があります。

正式には「光線療法」と呼ばれるもので、長波長紫外線をダイレクトに患部に照射して細菌を死滅させていきます。

比較的早く成果が出やすいことでとてもポピュラーな療法になりましたが、そうは言っても個人差があり、複数回の通院は必須になります。

照射時間も含めて短時間で終わるので、予約をいれておけば会社の休み時間でも可能です。

■光線療法を使用できないケースもある。

ただしこの療法については、同じ尋常性乾癬の患者であっても使用できないケースがあります。

尋常性乾癬の患部が身体の全体に広がってしまっていたり、体質、アレルギー、肌質などで懸念があったりする場合です。

医師の判断によりますので、問診の際に尋常性乾癬以外の似た既往症があれば申し出ておきましょう。

アトピー性皮膚炎は初見でわかりますが、直近で身体に起きた違和感・異変などがあれば伝えておくほうが無難です。

■尋常性乾癬のレーザー照射には副作用があります。

ごく稀に赤い腫れや色素沈着が取れないこともあるので、医師の判断を仰ぎましょう。

尋常性乾癬でレーザーの照射を受けると、赤い腫れが起こったり色素沈着があったりして赤茶色に痕が残ることがあります。

ほとんどは薄れて自然治癒しますが、治まらずに残ってしまうような場合は医師に申し出ましょう。

Posted in Uncategorized, 治療について | 尋常性乾癬にはレーザーによる治療法があると聞きましたが? はコメントを受け付けていません。

尋常性乾癬の治療には抗酸化作用のある治療薬が必要?

尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)には抗酸化作用のあるビタミンC誘導体が処方されることがあります。

誘導体独特の働きで体内活性化を起こさせるのが目的です。

■体内の酸化を抑えて発症リスクを低減。

ビタミンC誘導体がすべての尋常性乾癬の患者に効くかどうかは専門医の個別の診断によりますが、治療には抗酸化作用があるビタミンC誘導体が使われるのは確かです。

身体は酸化することによって本来の機能が弱まり、それが進行しつつ老化現象が顕著になっていきます。

ビタミンC誘導体が化粧品に使われたり、栄養ドリンク、サプリメントに使われたりするのは、酸性化=老化=アンチエイジングのニーズに応えようとする流れです。

■ビタミンC誘導体は体内活性の立役者。

尋常性乾癬は、体内の抗酸化作用が衰えることによって発症しやすくなる、つまり体内の異物・侵入物に対する抵抗力が弱まることで発症するとみられています。

したがって、尋常性乾癬の診断で医師がビタミンC誘導体を含む処方薬を出したとしても不思議ではありません。

またビタミンC誘導体は安全性の高い化合物です。

たとえばアミノ酸などの物質に働きかけて本来の動きを覚醒させるような役目をもっているなど、体内機能の活性化につながる立役者と言っても良いでしょう。

■ビタミンC誘導体が有効であるなら、ビタミン系のサプリメントも有効であるはず。

医師に確認してみましょう。

無責任な言い方になりますが、尋常性乾癬にビタミンC誘導体などの抗酸化薬が効くのであれば、ビタミン系のサプリメントも有効なはずです。

確認してみましょう。

Posted in Uncategorized, 治療について | 尋常性乾癬の治療には抗酸化作用のある治療薬が必要? はコメントを受け付けていません。